最近の記事

スポンサードリンク

月別アーカイブ



 ドイツの技術者カール・フリードリヒ・ベンツは、工場機械用の2サイクルエンジンの研究の果て、馬を使わずに三輪車を走らせることに成功した。4サイクルエンジンを積んだ、この「馬を必要としない馬車」こそが、帝国特許局特許登録37435番、公式に誕生した世界初の「ガソリン動力乗用車」である。

 この「Patent Motorwagen」は、木製ベンチに自転車のような細いタイヤを三つつけたもので、現代の感覚でいえば乗用車というよりも、タイヤのひとつ多いオートバイのような乗り物だった。私も大阪の国立民族学博物館で実物を見たことがあるが、それは、破壊するためにわざわざバットを持ってこなくても、脚で蹴れば解体できるような代物だ。

 人を乗せて、走る。
 人の体重でさえ、黎明期のガソリンエンジンにとってはむずかしいことで、まして馬車、ベンチシートの二人乗りである。車体を軽くすることが、走ることの実現への直接的な課題になっていたことは想像に難くない。

 その後、ベンツは四輪車も生産するようになるのだが、それがだいたい1890年あたりのこと。
 だいたい、120年ほど前。
 ヒトの寿命は尽き果てるだろうが、太古というほど昔のことではない。現代の車一台が、当たり前に十年くらいは乗り続けられることを考えれば、モデル10だとか、その程度の世代で、自動車はもはや「馬を必要としない馬車」などという範疇に収まらない乗り物になっている。なにせ4サイクルエンジン車でさえ時速400キロを越えるし、エンジンの種類にこだわらなければ、自動車の最高速度ギネス記録は、音速と同等である。そんな馬車はない。

 そして、2010年。

 日常生活で、時速400キロを必要としない人類は、自動車を電気モーターで動かしても充分使用に耐えることを発見し、急速にガソリンエンジンに興味を失いつつある。

 FIA Formula One World Championship。
 通称、F1レース。

 自動車界の最高にして最大のスポーツショーレースの座に君臨してきたF1の、哀しいお知らせが、今年の経済紙にはつぎつぎ載った。ホンダ、BMWに続き、あのトヨタも離脱。ルノーも撤退検討中。経済紙のニュースから現れるところを見て、どうやら金がかかりすぎることが問題らしい。ということで、最後に残るのは「金がないわけがない」という姿勢で売らざるをえないイメージ重視の高級車メーカー。フェラーリと、自動車創始者ベンツの名にもゆかりの深い、メルセデス。

 しかし、素人目にも見ても(というかこの場合、それがいちばん重要なところだが)、F1でメルセデスが勝つことが、新車の販売にすばらしく貢献するとは思えない。まあ、ベンツを買った会長が「ふぉっふぉっふぉっ、この車は乗り心地がいいだけでなく、F1でも勝っとるのだよ」などと自慢するにはいいネタかもしれないが、そんな会長は放っておいてもベンツを買うだろう。

 となると、ほかのスポーツカーメーカーが皆無のなかで、表彰台を独占するフェラーリって。かえってなんかもの悲しい……

F60 20059

 間違いなく日本車ファンは「出てたら勝つに決まってるし」というようなことを言う図式である。ちょうど、バイク乗りの世界で「カワサキは原チャリ出してへんけど、出しとったらいちばん速いに決まってるやん」というのが当たり前に語られ、原チャリ最速メーカー論をかわしていた話の和を、カワサキ信者がいつだって台無しにしてしまうように。

「あのなあ、わかってねえなあ。ホンダがあの年に撤退していなかったら……」

 これからのF1ファンの多くが、そういう厄介者になるのだ。
 鈴鹿サーキットと富士スピードウェイで開催されていた日本グランプリも、2010年の鈴鹿以降は未定。日本GPがなくなれば、おそらく日本でのテレビ中継も危ういだろう。そもそも、フジテレビは日本GPの放映権だけを売れと詰めよったが、全戦のセット販売だけですと言われて泣く泣くそれを買っていたと聞く。日本車メーカーが採算に合わないしイメージアップにもならないと切り捨てたレースを、一部のマニアのために放送し続けてくれるとは、どうやら思えない。

 目にしないものに、ファンはつかない。
 赤い糸は、なにもない場所から紡ぎ出すものだが、それは視界のなかに入っていることがまず大前提なのであって、世界のどこかでぶおんぶおんとエンジン音を高鳴らせていたとしても、それが届かず、伝聞さえない状況では、新たに恋を紡ごうという者など生まれるはずがない。

 来年の春、Xbox360で『F1 2010』というゲームの出ることが決定している。最先端のゲーム機でF1を。しかし、これ自体がもう、最後の商機と見てのものであるのは明らかだ、日本車メーカーの消えた、日本人も乗っていない『2011』は、発売しても採算が合うとは思えない。それならばゲームメーカーは、架空の近未来サイバーフォーミュラーものにでもしたほうが消費者は食いつくと考えるだろう。

 サイバーフォーミュラーは、まず間違いなく電気で動く。
 サイバーフォーミュラーは、タイヤもないかもしれない。
 そして、それはゲームのなかの話だけではなく、現実も。

SF-03 SUGOU

 『飛翔』リンクでもおなじみリコさんの娘犬が手術を受けたというのを読んだ。すっかり愛犬家の集まりになっているその場所に、私はコメントを落とすこともできずにいるのだが(手術の成功おめでとうございます。その細い脚の骨にネジを……写真に、思わず魅入ってしまいました)、彼女のプロフィールには、ちゃんと書いてある。F-1好き。でも、めっきり、そんな話をされるリコさんを見ていない。F1好きだと広言していることだけで、すでに希少な存在である。
 そういうことが、身のまわりで起こっている。
 まだ、数年前までは、食堂で自分の車を買うためにバイトしている男の子たちが、F1の話で盛り上がっているのを、聞くことがあった。それがいまでは皆無。バイク好きはまだ多いが、私の乗っているカワサキも製造中止になってしまったように、近年の排ガス規制強化で、ガソリンエンジン車のパワーだとか、どれが速いだとか、そんな話自体が、あんまりわくわくしないものになっている。

 どのタイヤが燃費がいい、とか。
 やっぱりあのメーカーの排ガスはクリーンだよね、とか。
 そんな話で盛り上がるのは、むずかしい。

 だったら電気で走ればいいじゃない。
 実生活では、もはやそういうことだ。
 バイクも電気になるだろう。
 そうなると、F1の未来が見えてくる。

 乗馬はいまでもさかんなスポーツである。しかし、その競技人口を、オリンピックの舞台が成り立たせていると考えている人はいるまい。鉄馬と呼ばれるオートバイのレースで、もっとも観客を集めるものについて、議論の余地はない。

 公営賭博。

 ギャンブルだ。
 競馬であり、オートレースが滅びないように。
 電気自動車の時代が来ても、前時代的燃焼系エンジンで速さを追い求めるF1が生き残るためには、娯楽の王様への転身しかない。
 いや、いまでももちろん、海外の多くの国ではF1を賭け事の対象とするブックメーカーが存在するし、ネットを通じて、日本から賭けることも可能ではある。しかし、それらはブックメーカーが独自にやっていることであって、その収益がF1の儲けになるわけではない。

 これが、公式なものとなれば。
 競馬の世界大会が、尋常ならざる盛り上がりを見せることは、よく知られている。いまでは、バイクや車にとってかわられた、馬という乗り物の速さについて、世界中の人たちが注目し、熱狂する。金など賭けていない、ただ見るだけのファンさえも、その熱狂から生み出されていく。

 国内レースの、賞金王。
 自慢のエンジンとタイヤをひっさげて、世界で戦う。
 かつて存亡の危機に立たされた、あのF1が、いまこの現代にこれだけの熱狂をもって蘇るとは、いったいだれが想像したでしょうか!!

 叫ぶアナウンサーを夢見つつ。
 F1レーサーの名前も、もうよくわかんなくなった私だって、Formula Oneのない世界なんて、イヤだ、と。かつて熱狂して観ていたひとりとして、思うのです。

 環境を破壊する諸悪の根源と、どうせイメージ悪いなら。
 ギャンブラーたちの金を吸い上げて再生してはどうだ。
 その利益でメーカーがエコカー開発するなら、FIAチャンピオンシップレースの意義はあるでしょう。
 そうなれば、他の市販車ベースのレースとは完全に差別化を図った、サラブレッドのようなエンジンカー、もっと軽く、もっと流線型に、というF1の目指してきた方向性も継承された、魅せる側も観る側も満足な、世界中で開催される世界公認の公営賭博場として、化物級の集客力を持つイベントになることは、間違いない。
 いかがか。

2009 FIA F1

 秋のアップデートでXbox360にもTwitterが実装されました。とはいえ、私は360では野良を基本としているため、別にそれ自体はなにに使うってこともないのですが。気になるアノヒトが呟いているのを読んではいたし、あって困るものでもないと思うところもあり。
 『表紙』の最下段(と、メインのほうの『徒然』の最上部。ミラーにはなし)に、実験的にTwitterガジェットを入れてみた。
 
 Twitter の公式ガジェットは、
[設定]
 ↓
[ユーザ情報]
 のまんなかあたりにある、
「あなたのWEBサイトにもTwitterを表示させよう」
 というリンクから取得できます。
 (この場所わかりにくい!!)

 使ったのは「プロフィールウィジェット」。
 取得後に直接書き換えていじることも可能。うちの左端には蒼い柱が立っているので、左端に余白を設定してやった。ガジェット全体をdivで囲んで、margin-leftを設定。表紙のすべてのテキストは水平方向のセンターへ集めてあるのだけれど、Twitterだと毎回の文字数が変動するし、左に余白あてて固定したほうがきれいに見えるんではないかとか。スクリプト内部のWidthはautoに設定してあります。
 なんかヘンになっていたら教えていただければ。

 ていうか、たぶんセキュリティレベルの設定いかんによっては、これを追加したことで、毎回警告文が出るというようなことになっているかたもおられるのではないでしょうか。そっちのが心配。あやしげなものは、なにも組み込んでいないので、ぜひともちょいと警戒をゆるめていただければ幸いです(それ以前にJAVA入っていないと表示もされないはず。ためしにREGZAのブラウザで見てみたら表示されなかった。ということは@ドリームキャストでも不可か)。

 ところで、ツイッターにかぎらず、いくつかの有名なウェブ上のサービスにアカウントを作ろうとすると、毎回のように出逢うヒトがいる。yoshinogi fitria。本名なのでしょうか。Twitterはアカウントだけ作って、まったくご使用されていないようなのですが。なかなかめずらしいヨシノギという名前なので、いつだってのんびり気が向いたときにアカウント取得しようと生きてきたのに、使わないけれど新しいものにはとりあえず登録してみるという同姓のかたが世界にいらっしゃることが判明してしまっては、なかなか気が抜けない。ていうか、きっとfitria嬢、自分の名前を検索してこんな日本語のサイトでなにを書かれているのかと怖くなってしまうかもですね、これ(笑)。

 にしても、ブルース・スターリングがツイートを非公開にしているのはなぜか。作家なら公開しやがれ。公開しないなら売れた名を表に出すな、と。こんなことしたら、ものすごい数の公開リクエストが来て、大変じゃないかと思うんだが……偏屈なサイエンスフィクション書きの考えることはよくわからん。

 つーことで。
 ついったー。はじめました。
 ブログの週間更新もままならぬヤツがなにを、と、お思いでしょうが。
 ま、続かなければ、そのうちそっと削除しますので(笑)。
 あたたかく見守るなり放置するなり、どうぞよろしく。
 
 見え方の不具合とかは、ほんと知らせていただけるとありがたいです。

 なんてことを、この『徒然』にアップしようと書いていたころ、はじめて参戦した某小説賞の選考途中経過がどこかで出ていたらしく、いつものように人づてにお知らせいただくていたらくなのですが、名前を見つけたよという激励のメールをいただきまして、はじめてのお手紙をくださったそのかたに、ちょうどそのとき戯れに作っていたツイッターアドレス入りの署名を添えて返信してみたら、そのかたもツイッターだった(ツイッターをやっているヒト、というのを指す略称は、やっぱりtwitterなんだろうか。それともTwittist ? 公式にはどうなんだろう)と、いうようなこともあり。
 普及しているんですね。

 そんなわけで、そのかたが、
 我がTwitterライフのフォロアー第一号になってくださった。
 これはなかなか、ふーんと感心するところがある出来事でした。
 こういう関係性でメールをいただいて、その後も頻繁なやりとりが続くというのは、そうあることではないので、一方通行なTwitterならではな、一期一会で、その後も延々と互いの言葉を読んではいるという。がっつりつながっちゃいないけれど、けっして切れてはいないという。
 この感じは独特で、しかも気負いがなくていい。
 これに馴染めるかどうかなんでしょう、このツールが好きになるかどうかって。

 なんにせよ。
 ついったーはじめたらブログ書かなくなった、という話はよく聞くし、私も実際に好きで読んでいたブロガーさんがめっきりツイートばかりになっちゃったのを、ちょっと残念に思ったりもしているひとりなので。
 あんまりのめり込まないようには、自戒しつつ。
 気が向いたら書く、というスタンスでゆきます。

※追陳
 このブログ『徒然』にもコメント機能つけたらどうですか、というのをときどきいただくのですが、ご存じのように私のハードシェルトルティージャのように砕けやすいハートは、ひとりごとにつっこまれただけで粉末になってしまうので、いまのところ予定はありません。いちおうウチのサイトにはBBSがあるんですけれど。掲示板というものは、即時性の高いブログのコメント機能や、ツイッターなどに代替わりされて、消えゆく運命なのでしょうか。メール文化が成熟した結果、一日中メールで会話していることが当たり前になって、匿名でなくテーマも決まっていない掲示板というのは、メールの内容を公開しているみたいで、違和感があるんでしょうね……私自身、思えば近ごろどこかの掲示板になにかを書き込んだなんて記憶がないものなあ……でもやめない。Twitterもよろしくですが、BBSにも書き込み待ってます。いやほんとに。


Secadevi

 このあいだ、この写真はお見せしましたが。
 懐かしいスタッフジャンバーを撮ったついでに、ほかのアイテムも撮影していたので載せておく。ひさしぶりに陽の光にさらしてみると、Tシャツが軽く黄ばんでいてショック。もう着られないなあ……ていうか、いちども着ていないのだけれども。

Secadevi2

 左上がキャップ、右上のがTシャツ。
 下のが手ぬぐいで、銀色のはドッグタグ。

 私の知るかぎり、そしてセガ野郎どもが嘘つきでないかぎり、これらのアイテムをまとめて所有しているのは、世界で私だけのはず。
 セガデビロックのコラボレートとか、まだまだそういうのが試みられていたセガ全盛期のあだ花グッズたちです。

 ところでセガのゲームといえば、最近、Xbox360のゲームオンデマンドで『ソニックワールドアドベンチャー』が配信されたのだけれど、誤配信だったらしくすぐに消えた、ということがあったのですが。
 その一瞬の出来事をつかまえて、

「ソニックが3990円て」

 みたいなことがさかんに言われたりして。
 かなしいことです。
 ソニックなのに。
 ソニックだからもっと安いはずとか。

 いやソニックに限らず、このゲームオンデマンドというやつは、古いファミコンのゲームなんかではない、ほんの一年ほど前のガチのパッケージゲームを、ネットで配信するという。そりゃあんた、数年前まで夢のようだったことを平然とやってしまっている凄いサービスなのですけれど。基本的に「売れなかったからもういちど」というスタンスがあって、一年たってまだ新品が定価で売っているというような人気作は配信されず、中古屋で千円札一枚で買えるようなのを、4千円とか。

 ゲームオンデマンド、高すぎ。

 という意見が多いのはもっともなことなのですけれども。
 いや、ちょいと待ちなよと。
 そもそもオンデマンドというのは、そういうところを評価すべきなのかと、私などは思うわけでございますよ。

 たとえば雰囲気の良い店で、ウォッカをショットグラスに一杯頼むと、数百円とか。モノはスーパーで瓶一本で千円くらいの酒ですよ。だからって、その価格設定に文句を言うのはどうなんだと。いや、そもそも文句のある人は、自宅飲み派になっているはずなのですから。

 だったらゲームオンデマンド。
 自宅で酔った勢いで、

「あーおれソニックの新作やってないまま一年過ぎちまったやりたいソニックとやりたいいますぐやりたい!!」

 でも、いちばん近い二十四時間営業のゲーム屋は歩いていける距離になく。
 終電は終わっていて。
 飲酒運転絶対反対。

 そういう状況だと。

 3990円。
 新品価格よりは、だいぶ安い。
 タクシー呼んで、それを待つとか。
 あしたになるまで、寝て待つとか。
 そういうことをすると、このセガ愛が、ソニック愛が消えてしまうことが怖いんだ、いまやりたいんだという熱狂を満たしてくれるのならば。
 このサービスは神さまのおぼしめしのように安い。

 ていうか、もはや放っておいては新品が一本も売れないであろうゲームが、月に数本であっても、酔った勢いでカード決済で自宅のリビングで買えるがために「売れる」ということは、だれにとっても幸せなことではないですか。

 別にあした、中古屋に行って買えばいい人は、そうすればいいわけで。
 高い金払っても己の欲求を即座に満たしたい。
 そういう消費者のための選択肢が用意されている未来に、私は感動する。
 中身はいっしょでもさ。
 売り方で値段が違うの、音楽なんかではもう当たり前なのに、ゲームとか、小説とか、映画とか、そういう「くりかえし使用はなかなかしない」一瞬のものって、ネット経由でパッケージがないと高いのなんか許さない、みたいな風潮があるのは、なんでなんだろうなあ。

 きのう食堂でバイトの女子高生が、言いきってきたのに、その場では返す言葉がなかった。

「映画って、見せてるだけなのに高いですよね!?」

 一日経って、いまさら言い返さないけれど、やっぱり思う。
 いや、その映画館から、なにかは持ち帰っているだろう。
 だいたい、その映画作るのに、一年とか二年とか、もっととか、ぼろぼろになりながら自分の限界以上のものを絞り出したクリエイターたちがいるわけだしさ。
 きっと、彼女の観た、映画がつまらなかったんだろうけれど。
 だったら映画というメディアの問題じゃないわけだ。

 作品と作者を責めろ。

 それで最初に戻るのだが。
 ゲームオンデマンドを責めるな。
 高いと感じるのは、作品のせいでは。
 だからまあ、ソニックだから高い、というのは声を大にして言ってもいいと思う。
 あれ、そこ結論なの、という感じだが。
 「セガ愛」と題しておいてなんですけれども。

 近年のソニックはイマイチです。
 ドリキャスの『ソニックアドベンチャー』を、いまでも愛してる。
 でもドリキャスが動かないのです。
 初代Xboxも逝ってしまいました。
 そんな意味でも、私は360のオンデマンドに期待しています。
 いろんなゲーム、いろんな方法で、いろんな人がプレイできるようになるべきだ。
 有名なクラシックと最新作しか聴けない、とか。
 そんなこっちゃ、ゲームの文化としての名折れだと思う。
    
 マリオとコラボレートして売れた売れたとよろこんでいるソニックに、私の心のセガ愛は、揺さぶられることなく、どんどん冷めていくのです。

sonic 

 その売れた金で、ぜひともとんがったことして欲しい。
 ぜひともいまさらジャイアントグラム3とかシェンムー3とか!!
 もちろんPS3でもWiiでもなくてね!
 熱く語る準備はできているのですが。
 ベヨネッタは買いませんでした。
 体験版の段階でリトライの面倒くささに激昂して。
 十分間ほどの体験版さえ、さくさく遊べないってどういうことなんだい。
 まあ、体験版ごときで激昂するほど死にまくる、私のアクションゲーマーとしての腕前の劣化こそが、問題なのかもしれませんが。

BAYONETTA

 敵も自分もぜんいんセクシャルメガネ魔女という設定は確かにとんがっているのですけれども……世の中、M属性が増えているんでしょうか。私、女教師モノに、まったくクるところのないもので、その設定の段階で、意外に好評だっていうのが、なんだか解せぬ。どこかのメイドカフェでビンタしてくれるサービスがあるとか、そういうの、草食系男子が増えているからねえ、とかコメントされるのを聞くけれど……いや、それ、草食とか肉食とかいう話ではないのでは? なんか違う方向にスライドしている気がしてならない昨今です。

 ソニックはスポーツに興じ、ヒーローはおねえさま。
 どっちも演じたくない私は、こうやって昔を懐かしむわけだ。