最近の記事

スポンサードリンク

月別アーカイブ

 いったいいつまで続くんだろうと思いながら見ていた新田祐克さんのアレですが、『b-boy WEB』に新田祐克さんご本人の謝罪に続き、編集部のお詫びも掲載され、あれから一ヶ月ほどが経ち検証サイトも役目を終えた感で静かになりました。はっきりと本人がやったことを認めて謝っているうえ、そもそもトレースされた側が「別に怒っちゃいない」と言っているし。今回も某ジョジョの人と同様、ファッション誌を資料にとっておいたら描き移すのも面倒になってトレースしました、というわかりやすい構図だし。b-boyや花音からウィングスまで幅の広いアジアの嘆美派、あっちでも新田祐克事件と騒がれていた、ひとつの事件が、どうやらご本人のしばし自粛というカタチで沈静化に向かう感じ。ということでリンクフリーだそうだから検証サイトにリンク貼っておきます。この何年か、どんだけあちこちで同じことやっているんだというくらいに、くり返される漫画界のトレース問題。参考にしたんじゃなくて、完全に描きなぞっているから問題なんだけれど……近年、全編それで賞獲ってデビューしちゃった人もいましたが、そういうひとりで描いている状況なら魔がさしたということもあるでしょうが、アシスタントを何人も抱える現役大御所の描き手さんのところで、おおっぴらにトレースがおこなわれているというのは……

 なんかね。赤福とか事故米とかの工場で、倫理観が麻痺していったのと同じものを感じる。
 こういうのを見るたびに、おのれの芸への誇りの問題だと感じる。
 あらゆる商売でそうなんだろうけれど。
 先週、テレビのなかのショーン・マイケルズも叫んでいたけれど。

「家帰って妻と子供たちを座らせて、
 今日おまえがやったことを胸はって語ってきかせられるのか!?」

 妻でなく両親でもいいし、子供ではなくペットの金魚にだっていい。
 ともかく、今日も自分のおこないに誇りを持っているか。
 寝る前に一日を振り返るべきなんだ。
 神さまに祈らなくてもいい。
 でも、なんか忘れちゃいないかと。
 私はちゃんとやっているかと。

 あーあ、やっちゃった。
 じゃなくて。
 実際、新田さんの仕事がすばらしいのは確かなところなんだから。
 その画を見て、思いたい。
 みずからのおこないに真摯であること。
 商売人の、基本の基本。
 信頼を裏切らないこと。
 誇りを持って生きること。
 簡単な道を選ばないこと。
 こういうとき、神の目線を感じられない神のいない国の住人は、みずからの徳の問題として己が魂を律しなければならないから……それは一種の、修行だ。
 自分に惚れられる自分であること。
 簡単なようで、むずかしい。




Taiwan24

 いやまあ普通に中国語でそう書くのですが。
 消火器より強そうだなあと。
 滅ですよ、滅。
 なんというか、悪の匂いのする字です。
 日本語でも滅菌とか書くから、不自然ではないにせよ、消防署は台湾でも「消防局」と書いてあって、聞けば中国語では消防車のことを「救火車」という表記が正しいらしい。
 古典の授業で習ったレ点方式なら、

「火を滅する器」
「防いで消す局」

 このふたつはわかるが、

「火を救う車」

 になる気がするんだけれど。

「火に救う車」

 と訳すべきなのかな。
 火に救うというのもへんな表現に思えるが、カタカナも漢字で表現してしまう漢字の国の人たちだから、雰囲気が伝わればそれでいいってことなんだろう。
 クロワッサン屋に「牛角」と書いてあるのも違和感おぼえたのだけれど。
 滅火器……すごくいい感じの漢字表記だと思ったのでした。
 「滅火師」とか能力者マンガのタイトルにできそうじゃない? すなおな正義のヒーローではない感じがして良い。保守派の消火師が、いわばドクターキリコのような存在で「お前らはいつだって火を滅せればいいと思ってやがるが。燃えちまうことが幸せなやつだっているんだよ」みたいな(どんな話だ……)。

 いや、おれは火を滅するための道具だぜ。
 という気概が伝わってくるのでした。

(いままさに、台湾が台風に直撃されている。ニュースで道路を転がっていくバイクを見ました。自然むき出しの山のふもとに人口密集している島だから、土砂崩れとか致命的。大丈夫かなあ、101タワーは……)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『台湾旅行記・総統選に旗を振る』のこと。
『台湾旅行記・忠烈祠で笑みを見た』のこと。
『台湾旅行記・担仔麺と生き人形の夜』のこと。
『台湾旅行記・非情なるジブリの町』のこと。
『台湾旅行記・奇天烈マスクをさがして』のこと。
『台湾旅行記・アミ族流接客術の極意』のこと。
『台湾旅行記・そしてピザを焼く』のこと。
『台湾旅行記・犬食レストラン』のこと。
『台湾旅行記・中文版少年ジャンプを読み解く』のこと。
 友人にメールでMEDIA JUKEBOXを使ってapeファイルをWMAファイルに変換する方法を説明していたのだが、いわく「なんでこんな簡単なことを説明してくれているサイトがいっこもみつかんないなんて」ということだったので、そうかないのかじゃあうちが、と、さらっと解説など(最終的にはそれをiTunesを使ってMP3に変えるところまで説明したのだけれど、そちらは懇切丁寧な教授サイトがいっぱいあるので、はぶく)。

○作り方

 MEDIA JUKEBOXをインストールした時点で、いらん設定をしていなければapeファイルをダブルクリックでMJがあなたのためにapeを楽曲として再生してくれているはずです。でまあ、上のほうを見てみれば「Tools」なんて書いてあるのでクリックしてみると「Language」なんて項目があって、そのなかに「Japanese」なる言語も入っているので、それ選んで出てきたダイヤログにおっけーと返事を返すと、あなたのMJは日本語で表示されるようになるはずです。
 これが「なんでこんな簡単なこと」なのであって、この時点で英語だからよく使い方が、というような問題の大半が解決済みだと思うのですが、説明を続けますと。
 画面が「スタンダード表示」になっていれば、左に「オーディオ」なる項目があり、それを選択するといま再生しているapeファイルが表示されているはずです。それをクリックして色変えて、もういちど上を見てみましょう。さきほどは「Tools」でしたがいまはあなたの「ツール」となったのを再度クリック。
「拡張ツール」
 ↓
「フォーマットの変換」
 ぽちっとな、と。で、WMAファイルに変換されはじめましたね。少々待てば、変換されたファイルはもとのapeファイルが入っていたフォルダに生み落とされます。

 以上。
 本当に簡単なのですが、意外とつまずけばわかんなくなるのが迷い道。
 お役に立ったなら幸い至極にございます。