最近の記事

スポンサードリンク

月別アーカイブ

 bungieのトップページにオンラインで対戦している人数が表示されているのだけれど
 累計一日で100万人とか。
 いまもうこの瞬間に世界中でヤりまくっているわけですが。

 日本では27日発売。

 そして我がXbox360は修理中。
 周囲の状況からして戻ってくるのは10月入ってからでしょう。
 これだけ推してきて。
 あれだけ密林にXbox関連売らせて。
 発売日に受け取れるように予約して。
 この仕打ち。
 こんなよるにおまえにのれないなんてこんなよるにはっしゃできないなんてぇ、なんて歌を思い出して口ずさんでみたり。

 明日、仕事終わって午前0時閉店直前の古市に駆け込んで買うわけですよ、本体ないのに(泣)。

フルイチオンライン

 ……我がゲーム人生における、忘れられない一日になること確定。
 ふう(タメイキ)。


Yoshinogi Takumi
Recommends HALO3


 BELIEVE、ねえ……

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 だがレインは、人が何かを信じ過ぎたとき、必ずや傷つくことになるのだということを学ぶべきだった。何でも信じ過ぎると、からからに吸いつくされてしまうのだ。その意味では、世界はすべてヴァンパイアだった。
 ナッシングはしっかりとレインの体を抱き、、薄れゆく脈、血と塩の味に身をゆだねて、彼の命を飲んだ。そして、自分が味わった涙のほとんどが自分のものだったということには、決して気づかなかった。


 ポピー・Z・ブライト 『ロスト・ソウルズ』

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ふと思い出したのは、この小説のこのシーンだった。
 自分を信じた友人の命を奪いながら泣くヴァンパイア。
 初めての血の味のよろこび……
 このシーンを思いだしたということで、気づいてやるせなくなる。

 大好きだから、すれ違いに絶望を感じるんだ。
 まったくおれをこんなに待たせやがってよう、
 と泣きながら来週末くらいにはプレイできているかな。
 ふう(タメイキ)。


『Xbox360の修理日数』のこと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 なんだかリニューアルしたようです確認サイト。
 再び本体を登録しろと強要されるのでそうすると、

Repair Status: No pending repair

 ……ほんとに?
 修理に出しました、と。
 戻ってきませんよ、と。
 いまどうなっているんだぜ、と。
 そんなのわかるプログラムくらい、天下のマイクロソフトならさくっと作れるでしょう、と。
 『伝言』で書いていたわけですが、通りがかった親切な方に「あるよ」と教えてもらいました。
 あるらしい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Xbox360公式『デバイスのための登録、保証、および修理サービス』ホームページ

 行きましたら。

1. サインイン
2. 「Associate a device you registered on the phone with your Windows Live ID」をクリック。
3. 本体シリアル番号、名、性、を入力。
   (私でいえば「匠」「吉秒」の順で入力。漢字で)
4. 画面が切り替わってステータス表示になるはず。

●Repair Status: Empty Box Shipped to Customer
 (修理状況:回収用空箱をお客さまへ送付=回収中)
●Repair Status: Device Received at Service Center
 (修理状況:サービスセンターに到着=修理中)
●Repair Status: No pending repair
 (修理状況:修理箇所はもうありません=修理完了)

※ちなみに切り替わった画面で表示されるシリアルナンバーが入力したものと違っていたときには、すでにあなたの愛機の登録が新しい機体に全とっかえされたということ=修理不能で新品交換。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ……あるし。
 しかも、きっちり日本のサポセンの状況も反映されているし。
 ……だったらこれを日本語に訳すくらいすぐできるだろ……
 我が愛機は新品交換にならず修理中らしい。

 で、現状。修理に2~3週間はマジ話だと聞く。
 Amazonで頼んだら29日になるとかいうから、わざわざ店舗受け取りの古市で予約した『Halo3』を発売日の27日に仕事終わってから真夜中に取りに行って、帰ってきても本体がないという状況が刻一刻と迫ってきているわけですよ。

 そんなすぐ帰って来やしないと思いながらも、何度も修理状況確認しちゃうね……まだ来るはずのない彼のエンジン音を聞いた気がして耳を澄ます……そんな乙女心のよう。
 けなげだなあ我ながら。

 驚く速度で帰ってきたあのころがなつかしい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 『彼の帰還』のこと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 有能な修理工場をもってもさばけない量ってことか……
 今度こそなんらかの根本的な修理を施して返して欲しいものです。