最近の記事

スポンサードリンク

月別アーカイブ



 エミリオ=リオナはまだこっちなのかあ。6月のなかばにみんな集まろうかと言っていたんだが、間に合わないなあ。笑顔で送ってやってくれ。
 ところで私は遠距離恋愛というものを信じていないが、このあいだの花見のメンバーの大半が「遠恋でもあの二人は大丈夫でしょう」と言っている。私の恋愛観は悲観的に過ぎると怒られた。というわけで私に楽観的な恋愛観を植えつけるべく、実地で証明して見せてください。期待しております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 と、いうのは私の友人にあてたメールの一節なのだが、二十代半ばの彼女の彼のエミリオ=リオナは、この地、大阪から、東京への転勤が決まって。大阪で生まれた女やさかい……というか彼女にだって仕事も家族もあるので、二人は遠距離恋愛の道を選んだわけで。

 身近でそういうことがあったので、なんだか最近よく、恋とは、みたいな話をする。

 恋とは。

 小説書いているから私は神経が麻痺してしまっていて、恋だの愛だのという言葉をオモチャのように口にするけれど、普通に思春期を抜けて大人になった人々は、愛を語ることはあっても、なかなか恋を語ることはない。
 それなのに、語ってみれば。
 語ることに抵抗のない私の語る「恋」というものが、多くの人にとって悲観的だとうつるらしい。

 いまから遠恋に突入しようという彼女に「私は遠距離恋愛を信じていない」もあったものじゃないというのはわかるが、正直なところ、私は彼女に「数ヶ月でそばにいなきゃいけないと思うようになるさ」と伝えた、その言葉こそ噛みしめてもらいたかったのである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「気持ちを確かめるためにカラダがある、というのと同じようなものさ。極端に言えば、カラダはどうでもいいんだ。そりゃ、俺はいつだっておまえを抱きたい。だけど抱かなくたってかまわないこともある。そうだろう」


 いつき朔夜 『エンディング。』
(↓収録)

sakutya

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 そうだけど。
 でも、抱かなくても体温が、その人の匂いが。
 感じ取れる距離にいるからそれは吐けるセリフ。

 たまに確かめだけで事足りる確信は、『シュレーディンガーの猫』のこと。でも語ったように「視る」ことによる。
 視えないものは確定しないし、確定していないなら抱きしめる行為が必要だ。
 視えて確定しているから、触れずとも在ると信じられるけれど。
 
 遠くて視えないものを。
 いくらよく知っているからといって、それは不確定に変質するイキモノであるヒトの、あの人の過去の実在を知っているというだけのこと。
 揺らがずにいられるか?

 私は、いられない。
 私は、遠恋を信じない。

 でもみんなにその話をしたら怒られる。
 あなたは恋というものを信じていないんだ。と。

 なにおう、と言い返しかけるが、考えてみれば、まあ、そうなのだった。
 恋ってなに?
 そんなのただの言葉じゃないか。
 たとえばその彼さ。
 俺はいつだっておまえを抱きたい、という彼さ。
 抱いちまったら、星ほど輝かないという歌詞もあるじゃない?

ys2

 主観で「視る」という行為は、あばたもえくぼだから、私がただの猫をキメラだと思いこんで視れば、私にとってその猫はキメラで確定している──そのことに矛盾はない──けれど、触れて確かめたなら、抱いて、その猫は猫だと知ったうえで、まだ「これはキメラだ」と言うのは、それは幻想であって、自分自身を騙しているのにすぎない。

「信じてる」

 そういうセリフが出る時点で、疑う心がそこにある。
 星ほど輝かない。
 でも長い夜は続く。
 ただ見上げて「あはん」と夢見ていた頃を過ぎて、夢のようには輝かないけれど、確かに輝いているその輝きをしっかりと視て、それを好きだと愛でることは、もう恋ではなくて愛というものではないのかなと──汚れたぬいぐるみを汚れたぬいぐるみだとわかっていながら、自分にとって唯一無二の世界一の愛しいぬいぐるみだとキスするのは、すでに恋ではなくなっているのではないかなと。

 それなのに、遠「恋」は、その大前提なくしてはじまらない。
 矛盾している。

 視ることも触れることもできない場所にいる見知らぬだれかに恋することなんて不可能だが、遠恋はもうすでにはじまった恋だから、持続するだけだから、可能だというのだろうか。その汚れも、星ほど輝かない部分も、知ってしまったあとで、触れられないぬいぐるみに、望んでもキスできないぬいぐるみに、愛着を持ち続けることなんて可能なのだろうか?

 無理だよ。少なくとも私は、無理だ。
 その持続は、愛を恋に巻き戻すことも可能だと、自分をごまかしてでなければ続けられないものな気がする。
 恋する自分を演じなければ、不可能な設定だと思う。

 読んでいる?
 エミリオ=リオナの彼女。
 私は本当に、私の荒んだ心に楽観的な恋愛観を植えつけるべく、実地で証明して見せて欲しいと願っているよ。
 ただ、君が「遠恋でも大丈夫」と言ったのが心配だ。

 気持ちを確かめるためにカラダがある。
 たまに逢う時間を確かめるだけに使って、なにも変わっていない、ちゃんと続いている大丈夫と呪文のように言い続けるのは、やっぱり健全じゃない。
 電脳空間は世界を狭くしたけれど、距離はやっぱり存在する。

 そばにいたいと、願うことはやめてはダメだ。
 遠くても大丈夫という呪文はごまかしだ。
 いま遠くて、こうしていることが仕方ないことだとしても、大丈夫じゃないし、そばにいたいし、いつかはぴったりとくっつける距離に戻るんだと、そう想い続けることは必要だと思う。

 遠くても、大丈夫じゃない。

 私はそう思う。
 それは努力だと思うから。
 そういう意味でがんばれと言う。
 消耗戦を、倒れず戦い抜いてくれよと想う。

 また、二人そろって花見に参加して。
 私も願ってる。
 ほんとに願っているんだ。

 遠恋は信じない。
 それは遠恋というカタチで確定する恋はないという意味であって。
 それを経過ととらえるならば、ありうるものだとは思うんだ。
 本物の恋は、それくらいの試練では消えなかったね、と。

 いつか何ごともなかったかのように笑いましょう。

「あなたが信じようと信じまいと、あるものはあるのよ」

 勝ち誇ったように言い切って。
 そのとき私は、君たちに賞賛のまなざしを贈ろう。

(贈りたいんだよ、本当に。だったらこういうことをそもそも発言するなという、そこが私の怒られるポイントであることも重々承知している。承知しながらも、けれど思想は伝えておかないと思っているだけでは裏切りなような気もして……っていう身勝手さにまた眉根を寄せられるのだともわかっている。友達でいてくれてありがとう。愛してる)

 母の日にプレゼント(がま口。なんか流行っているらしい。手作りがま口教室とか乱立しているそうで)をもって妻と実家に遊びに行ったのですが、私が360を購入したことで旧箱をDVD再生機として実家のリビングに進呈していたのだけれど、リモコンは使った形跡があるが、コントローラーはだーれも触っていない。

 私の実家には20歳の弟と歳下の彼女がほとんどそこで同棲しているといっていい感じで住み着いているのだが(その日も「コンニチハー」と微笑んで私たち兄夫婦へと挨拶しながら二人で風呂場に消えていった。男三人も育てていると母親もノンキなものである。折に触れあの子はタクミに似ているから、と発言するので、どうやら私の十代につきあったことで、いまの彼女は末弟のすべてに「まあ男ってそんなものね」という免疫ができてしまっているようだ。彼らにはメールでとうとうと「あのロード・オブ・ザ・リングの監督が来年映画化する大ヒット間違いなしのハリウッド映画の原作ゲームがリビングにコントローラ二つと本体までつけて置いてあるから」と伝えているのにプレイしやがらねえ。いくら『Halo』と『Halo2』が名作でその続編が360でしかプレイできなくても、これじゃあ日本で360が普及しないのも当然だとしみじみ思う。

 という話を、母の作った生春巻きをいろんなソースを混ぜ合わせては試しつつ語っていたら、母が言った。

「ゲームといえば、ニンテンドーDS? あれ、生協で抽選にはずれちゃったのよね」

 ……目の前にタダでプレイできる『Halo』がありながら、そんなものはどうでもいいと思ったが、恐るべきはニンテンドーDS。母が自ら、自分のためのゲーム機を欲して抽選販売に申し込んだとは……PS3よりも、怖いのはwiiだな。ニンテンドーDSのユーザーをうまく据え置き型に流せれば、一気にシェアを伸ばす可能性もあると見た。

 ところで私は、その日、古本市場に寄って何冊か小説を買っていて、初代DSがすでに中古で出回っているのを見知っていた。
 もちろん口にする。
 母、食いつく。

「買って」

 まあいいけど……中古になるよ。

「あ、でもやっぱりどうせなら新しいのがいいわ。新機種の」

 Lite……ちょっとまて、それは難しいのでは。
 思ったが、話はトントン拍子。

「じゃあおねがいねっ」

 さて。家に帰ってからPCに向かって情報を収集する。母の日にプレゼントを持ってきている相手に向かって違うプレゼントをよこせ、というほど無法な母ではないので「買って」とはいえ、金を出すのは母である。色はなんでもいいという。だとすれば、携帯もデジカメもミッドナイトネイビーという色でそろえている私のチョイスは決まっている。

Nintendo

 この時点で、おそらく数ヶ月で母がDSに飽き、その後は我がものにする気が満々なのであった(笑)。
 ていうか、そうでも思わなければ挑めないような品薄状態が続いているのだと、DSに興味の無かった私もだんだんとわかってくる。しかもタイミングが悪い……先週分はゴールデンウィーク需要を見込んで前倒しで大量出荷されていて、来週は、『Newスーパーマリオブラザーズ』の発売だということで、そのための本体を任天堂がストックしているという。

Nintendo

 数分の勝負だ……
 ネット通販の各サイトは、回線をパンクさせないために、毎週入荷するDSLiteをいつ発売開始するか公表していない。過去のデータが頼りだが、それによれば今週、私が家にいてPCに向かって張り込める日に販売がありそうなのは、水曜日。

 セブンドリーム・ドットコム。

 入荷数が少ない、激戦区であった。
 (入荷数はアマゾンがもっとも多いらしく、発売開始の時に立ち会えれば、10分以上の「在庫あり」状態が続くので確実に買える。ただし、時間がまちまちなので一日中見張っている必要がある)

 しかしまあ、どうやらネイビーは一番人気のない色のようだし(指紋がつくから。なんて言われているが。ダークスーツしか着ないし、持っているTシャツが九分九厘ブラックだという私にとって、濃い色は汚れやすいなんてのはどうでも良いことなのだった。こまめに拭けよ)。
 大丈夫でしょう。

 根拠のない自信を持つ。
 勝算もあるのだ。
 セブンドリーム・ドットコムは、世界のセブンイレブンを運営する銀行だってやっているセブン&アイ・ホールディングスのお辞儀の腰の角度までマニュアル化された運営方針に則って回されている。
 アマゾンのような「いつ売り出すのさ」というアバウトさがない。
 過去のデータによれば、セブンドリーム・ドットコムのDS売り出しは、前週の木曜日が入荷日だった場合、一度の例外もなく水曜日の昼。
 12:00~13:10。

 となると、傾向も対策もへったくれもない。
 セブンドリーム・ドットコムの入荷数はそう多くない。毎回、1分ほどで全色売り切れる。戦略は単純きわまりないものになる。

 一時間十分、なるべく高速に維持した回線でページ更新のクリックを続ける。

 当然のこととして、前日にセブンドリーム・ドットコムの会員登録はすませ、ログイン状態にしておくこと。セブンドリーム・ドットコムは、「商品あり」の状態になってから商品選択の場面が現れるため、それを待っていては数秒単位の勝負の中では命取りになる。そのため、お目当ての商品の個別の商品表示ページアドレスも入手しておくこと。

 こっちではなく、こっちで遂行してください。
 運良くカートが現れれば、すばやく購入いたしましょう。
 カートに入っていても、手続き完了させないと奪われます。

 先週は12:10だったので、私は十分ほどのクリック作業でDSLiteいただきました。

 今週(060518出荷分)は、すでに土曜日現在、アマゾンを含めたほとんどのネットショップで販売済み。どうやら来週分はスーマリと同時出荷で火曜日になるらしいので、どこも前倒し販売なのですね。
 しかし、セブンドリーム・ドットコムは今週もいまだ販売未。
 先週までと同じく水曜日の昼販売だと、火曜日出荷の分と二週間分が倉庫に溜まることになってしまいますが、それでも世界のセブンはマニュアルを曲げないでしょうか?

 ともあれ。
 母に頼まれたきっかけでしたが、私自身は、発売日に行列ができるようなゲーム機やソフトを普段買わない嗜好の者なので、発売から数ヶ月経ってまだ品薄なんて商品の獲得戦に参加できたことは貴重な体験でした。楽しかった。

 携帯ゲーム機の覇権争いは、まるで興味のない私まで巻き込まれたくらいだから、すでに決着したと言ってよいのでしょう。
 続いては、据え置き型。

 Xbox360本体を発売日に買った一人ですが、どうやら最近、ようやく発売記念パックが売り切れたようです。FFやヘッドホンなんかがついてお得なパックだったのだけれどな(とはいえ、ついてきたFFを私は封も開けていない。だって私の360。すでにHDD容量が2GBしか残っていないんだもの。マイクロソフト、早急にPCへとデータ移行できるツールを頼むよ)。
 PS3の価格発表によって、風は360に向いてきた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 200ドルの価格差が発表され、どちらを選ぶか悩んでいた消費者は、迷いなくXbox360を買いに行くことができます。

 ゲームソフトウェアに関して、現在、重要なジャンルでXbox360がシィーティング、RPG、レース、スポーツ、『Grand Theft Auto IV』、その他の衝撃で、PS3の衝撃を打ち消せるように感じられます。
 ソニーのブランド名だけで、200ドルの価格差について説明できますか?

 ハードコアビデオジャンキーはPS3のブルーレイ再生機能に興味を持つかもしれません。新しいハイエンド技術に、600ドルは安いですから。
 しかし、それらのユーザーがゲームソフトウェアを買わないならば、それは少しもゲーム業界を良くしません。


 Gamespot
 『調査会社DFCによるPS3の価格に関するレポート』

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 最後の指摘は、PS3のために社運を賭けた高額の先行投資をしているゲーム関連会社たちが、PS3の失敗によって軒並み倒れたとき、ゲーム業界そのものが傾くのではないかという危惧を含めてのものである。
 実際、スクウェア・エニックスは『ファイナルファンタジーXIII』をFABULA NOVA CRYSTALLISプロジェクトとしてPS3においても数本のソフトに分散して展開することを発表しているが、マイクロソフト筋によると、どうやらFABULA NOVA CRYSTALLISプロジェクトは、Xbox360でも展開されるらしい……スクウェア・エニックスにPS3の勝利への疑いがないならば、どうして360で『ファイナルファンタジーXIII』を出す必要なんてある?

 というわけで、どうぞ。
 これは並ばなくても買えます。
 いまはね。

360
 なんでしょうかねえ、あれは……
 観てました?

 K-1 オランダ大会。

 メインイベンターは、四度王者アーネスト・ホーストと、そのホーストをぶちのめしたボブ・サップとの、因縁の対決。オランダ国民的には自国の星、ホーストが野獣に負けたまま引退なんてしょぼーんなので、初のオランダ大会、それはオランダ国民が待ち望んでいたものでもあった。
 だが。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 開会式に出席し、バンテージも巻いて臨戦態勢だったボブ・サップは、シュルトvsヴァン・ダム戦中、リングサイドに現れ、FEGと地元プロモーターを相手に「“これを認めなければ出ない”という無理難題」(谷川氏)を吹っかけ、拒否されると、試合30分前に「やらない」と通告して会場を立ち去り、そのまま行方をくらませた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ありえない話だ。
 谷川氏は「契約上にかかわる」として、サップが吹っかけた“無理難題”の具体的な内容には明言を避けたが「これまで聞いたこともないレベルの内容。受け入れる必要もないもの」と語っているという。

 なんなんだろう。
 マイク・タイソンの傍若無人ぶりを見て、ボブ・サップはわがまま言ったもの勝ち、とでも勘違いしたんだろうか。とはいえ、脳内麻薬出しまくって試合するタイプの選手ではあるが、ラリるにもほどがある行動に見える。

 当然、谷川氏はサップを今後試合出場させないと話し、その一方で、

「サップとはK-1が長期独占契約をしている」

 と明言した。
 これは、プロレスを含めた他団体にサップは移籍できないが、うちではもう試合には使わないという……

 野獣、飼い殺し宣言である。
 ていうか、ワガママ言ったらこうなると、わかっていたはずなのに。
 団体を渡り歩いてきたボブ・サップ、意外に自分は自由だと思いこんでいたんだろうか。
 すべては、K-1とFEGの後ろ盾あってのことだったのだが。

 そしてもちろん、K-1を開催する団体FEGが、K-1と並んで育てているイベントHERO'Sでもこの影響は大きい。

 痩せてよわっちいのと闘えと強要されてPRIDEを飛び出した桜庭和志がHERO'Sに参戦。

sakuraba

 世界最大のプロレス団体WWEで最年少王者となり、その後日本で新日本プロレスに参戦──現ヘビー級IWGP王者、ブロック・レスナーもやってくる(アントニオ猪木のおじさまは、彼は総合はやらないよ、と語っていたが、近頃猪木の予言はハズレてばかりだ。新日本を売ってしまったことで吸引力が低下している感があるな)。

wwe

 サップは、その両者を「オレ様が喰う」と明言していた。

 が、谷川氏の怒りを買っては、それも、もう無理。

 二度と観られないのかボブ・サップの勇姿。
 キレやすいのキャラじゃなかったんだなあ……
 冷静に考えると、別にもういいやって感じもある。
 観客への裏切りは、エンターテイナーとして絶対やっちゃいけないことだ。
 いやむしろ、エンタメ作家の人生は、観客のためにある。
 格闘家と呼ばれる人種の中でも、サップはプロレス経験があるし、ショーマンシップにもあふれていた。

 エンタメ職人として。
 芸人としての、自覚は持っていると思っていたのに。
 幻滅です。

 それにくらべてピーター・アーツはどうだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 メインイベントが興行不可能となった最悪の状況で、主催者側はペーパービュー放送の解説で来場していた三度王者ピーター・アーツに出場を要請。

「1時間前に『試合をしてくれ』と言われた。シュルト戦(3月5日)以降は練習してなかったから危険だし、妻も止めたが、ホーストの引退試合だから、やらなきゃ男じゃない」

 ピーター・アーツは、試合衣装も持ってきていなかった。
 それでも、セーム・シュルトからぶかぶかのトランクスを借りてリングへ向かったのである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ……惚れる。
 エンターテイナーとしてもそうだが、これが男気だよ。

「しかたねえなあ、おれとヤるかい? ホースト」
「おいおいパンツも持ってきていないんだろうがチャンピオン」
「オレのを貸してやるよ。そのマッチ棒みたいな腹で履きこなせればな」
「「「……行くか。ファンが待ってる」」」

 試合直前の控え室で、歴代のチャンプたちは、逃げ去ったサップのことなんて一言も話さなかっただろう。
 彼らの人生は観客のためにある。
 だからこそ、観客は彼らに酔う。

 はからずも、わかってないヤツの愚行で、もともと心技体の極地を目指すカラテから派生したK-1という格闘技の、根っこの部分にある力強さを見た。
 体を鍛えると心も磨かれる。
 その美しさを体現してこそ格闘家でしょう。
 K-1観ると腕立て伏せしたくなる。
 そうでなくちゃ。

Circulate

 母国での引退試合を終え、ホーストは、真の引退試合の相手が「アーツかもしれない」と発言している。
 万全の体調で、三度の王者と四度の王者がぶつかるのだとしたら、必見だ。
 男たちに、惜しみない拍手を贈りたい。
 野獣?
 醜き獣はうせやがれ。
 リングのなかに観たいのは、
 人の美しさなのである。