最近の記事

スポンサードリンク

月別アーカイブ

 360の話を続けます。

 湯川専務とせがた三四郎でおなじみドリームキャストとセガサターンにはPSEマークが付いていないのでもう電気屋さんでは売れません、というニュースにだれもが「だから?」と見向きもしないくらいにドリームキャストが忘れられてしまった今日この頃(音楽界における坂本龍一のように、けしからんなんだこの悪法と叫ぶゲーム業界人がいてもいいような気がするが……飯野賢治とか、ハマリ役だと思うんだがゲーム業界に舞い戻る気はないのだろうか(彼がblogで触れている『ちびロボ』がすごくやりたい。かつて西健一と坂本龍一が作ったドリームキャスト用ゲーム『L.O.L Lack of Love』が私はものすごく好きで、書斎にはいまだにそのポスターが貼ってあったりする。

「ニンゲン同志の愛は、もう語り尽くされたのかもしれない」

 とか書いてあんの素敵。そういえばあのゲームのラストは飯野賢治の『D2』に似た読後感だった。せつないんだか、あったかいんだかよくわかんない、良い感じの気分になるのだ(そういうゲームなので当然のこと絶賛とクソゲー呼ばわりが飛び交うのがまたなんとも良い)。とはいえ、いまさらゲームキューブを買う気にはならないので、西健一さん360にも一本お願いします(PS向けのはちょっとなんか違うんだな。DCで教授とってことで生まれた哲学チックな雰囲気が好きだった。360向けなら、またそういう感じで作れないですかねえ)。

 PSEのルールでは、ACアダプタの猶予期間は2008年まであるので、ACアダプタを使うニンテンドーのゲーム機とかは2008年までは普通に売ってもいいのですが……セガマシンですよ問題は。サターンも、ドリキャスも、電源部本体内蔵ACアダプタなんて野暮ったいもんはなしっ、のオシャレマシンなので、いまはもう売ることのできない電化製品とあいなったのでした。みんな、手持ちのセガ機を大事に使おうね(PSもACアダプタなしだが、PSソフトはPS2でも3でも動くからな……ひそかにセガ機抹殺法のPSE電気用品安全法だったりする。後継者がいない悲劇ってこういうものね。まあエミュが……ごにょごにょ(沈黙))。

 そのセガサターンとドリームキャストで、一時期、マスターベーションにはまった猿のようにプレイしていたゲームがあった。

『カルドセプト』

 マジック・ザ・ギャザリングに遊戯王と、カード・バトルというものが大流行だった時勢に、モノポリー(いただきストリート?)にカードバトル風味をとりいれたこのゲームは、時事流行に乗っただけでなく、ゲームの根幹部分が非常に丁寧に作られていて、まさにドリームキャストでの名作と言われれば二十人に一人がこれをあげるくらいの名作とあいなったのでした(ドリキャスで発売されたのは『2』でありこれはPS2版もあったのですが、大本の『1』はオンリー・オン・サターン。セガっ子の誇りだ)。

 マジック・ザ・ギャザリングも、コンシューマ・ゲーム化されたのだが、あんまりヒットはしなかった。大御所カード・ゲームに、新興勢力である『カルドセプト』が大勝した理由はなんだったのか。大きな点として『カルドセプト』が、多数の国内イラストレーターを起用して、ゲーム内に登場させるカードを描かせたことにある。ときまさに『電撃hp』が同様の手法で覇権を獲りに動き始めた時期だ。一人の超絶絵師を育てるよりも、二十人の絵師に渾身の一枚を持ち寄らせたほうが幅が広がる。

 ゲームの中に、数十人の絵師の描いたカードが混在すると、統一感がなくなりがちだが、そこは『カルドセプト』の素晴らしいところ。基本のファンタジー世界観がきっちりできあがっているので、だれが描いても、その世界から逸脱することはない。

 そんな『カルドセプト』の新作が、Xbox360にやってきた。
 今回の絵師は、この面々。

加藤直之
開田裕治
寺田克也
末弥純
あきまん
丹野忍
有田満弘
中井覚
斎藤智晴
獅子猿
一徳
杉浦善夫
花山由理
古代彩乃
にしだあつこ
目黒詔子
緑川美帆
廣岡政樹
仲秋勇作
添田一平
田中俊成
原田みどり
高梨かりた
岡本正樹
池田宗隆
ゾルゲ市蔵
かねこしんや

 オタクを自認する人種なら、全員とはいわなくても知った名前は必ずあるはず。私はあきまん氏の名前があることにググッときます(笑)。ファンタジー描けるのか? とか。それだけでもう、買う気満点。丹野忍の新作というだけで数千円なんてハシタ金の人々はいっぱいいるはず。少なくともこの『カルドセプト サーガ』のために360本体ごと購入する方は両手両足の指では足りないくらいにいるでしょう。
 ていうかいま買おう。

360

(↑デモをプレイしたがなかなか熱くなれます『2006 FIFA ワールドカップ』。360では、毎週のように新作ゲームのデモがネット配信されるので、それらをプレイするだけでものすごく体験するゲームの幅が広がります。サッカーとかバスケのゲーム、自分で買ってプレイなんて絶対しない私ですから。最後の記憶がファミコンの『サッカー』なので、進化というか、本当にサッカーしている気分で熱くなれるということに驚いた。驚いただけで買おうとは思わないけれど。だって思い入れがぜんぜん無いんだもの)

 そしてなにより『カルドセプト サーガ』、今回は、シナリオに微妙にセガ心をくすぐる人連れてきて強化したらしい。

 冲方丁(うぶかたとう)。

 レジェンドと呼べる第1回スニーカー大賞金賞受賞者。代表作は『蒼穹のファフナー』? じゃなくて『シェンムー』。湯川専務と、せがた三四郎と、オレンジ色のぐるぐるマークと、あとこれだけは見ても聞いても泣けてくるんだよねとセガっこたちが声をそろえて薄い焼酎をすする、その名こそ『シェンムー』。

センムー

 『シェンムー』のシナリオライターが大宮ソフトの『カルドセプト』と一緒に戻ってきた!?

 かもねぎ。ていうかここにめでたくXbox360がドリームキャストの後継機であることが判明(初代凶箱の時代からうすうす気づいてはいたが、本体カラーが白になって円いマークがシンボルと決まったときにそれは予感となり、本件によってそれは確定された)。

 PSEマークも付いてます。そのうえだれよりもどこよりも巨大なACアダプターも標準装備だ。
 これでもう安心。

 あとは「愛すべき友をもてっ」と訴えながら藤岡 弘、が逝ってくれれば僕らは泣けるのでそんなカードを希望(ある意味ファンタジー)。
 ていうかソフト開発会社ともめにもめて開発中止になった『シェンムー オンライン』のことなど忘れて、いまこそ新天地360で『3』だろ(『2』も北米ではXboxで出ているし)鈴木裕!! 『VF5』もあるし、いま一度風は吹くさ。もう一度70億かけてゲーム作るチャンスがあるとすれば、スポンサーはマイクロソフト以外にないって。
 なかば本気で待っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『斎藤智晴』のこと。
『カルドセプトサーガの発売日』のこと。
『ぶちまけぬものティコムン』の話。
『カルドセプトサーガにキス』の話。
『そして伝説へ』のこと。
 へ続く。
プレイ

 私もこれを愛用している一人なのですが、そこかしこのレビューで書かれていることに、

「PCで使えない」

「コードで繋いで充電しながらプレイできるって有線とかわらなくなっちゃうじゃん」

 というのを読むにつけ、これではこれから「プレイ&チャージ キット」を購入しようと思っている人が誤解するのではないかなあ、と心配になったのでちょいと一言。

 確かに、「プレイ&チャージ キット」は有線のXbox360コントローラのようにPCに認識させることはできませんが、それでもUSB端子に接続すると「状況が把握できませんっ」というボイス(というのは私のPCがそう喋るというだけだが(笑))とともに、チャージランプはレッドで点灯。うん。つまるところ、PCでワイヤレスコントローラーとしては使えないものの、USB端子から認識されないままに充電はきちんとできているのです。一度、360本体から充電するのと比べてみたが、どうやらPCで充電したほうが早い(これも私のマシンでの個人的なデータにすぎないが)。

 ということは、私のようにPCで仕事をしていて、息抜きに360をプレイしに行く、というスタイルの人ならば、「プレイ&チャージ キット」の充電器側はPCにつないでおいて、ゲームが終わってPCの前に戻ってくるときにワイヤレスコントローラーを一緒に持って帰り、充電器につなぐ、というのが一番自然で合理的な使用法ではないかと思うのです。

 いや、ほんとそれだけなんですけどね。

 某レビューサイトで「コンセントから充電できるようにするべきだ」と激しく怒っておられるかたを見かけたので、PCの横に「プレイ&チャージ キット」の充電器と携帯の充電器とデジカメの充電器を並べておいている私のような使い方をしている者もいるよ、というのは語っておきましょうか、と。もしも「プレイ&チャージ キット」がPCでは充電もできないのだとしたら、私は充電のためだけに360を起動させ続けておくだろうから、360の消費電力がタワーPC並みにあることを考えると、2000円の商品を買う際には、非常に重要な検討材料だと思うんだよ。それがどこ見ても書いていないようだったので、書いてみた。

 断然快適ですよ、単三電池を買いためなくても送れるワイヤレスゲーム生活。
 快適性への欲求は、後戻りできないものだと実感します。
 Xbox1080くらいになれば、きっと手は使わずに脳波でキャラを操作できるようになっていることだろう。
 充電用コンセントは、やっぱ後頭部だろうね。
 寝るときに、枕にガキッとはめ込んで充電すんの。

 早く来ないかな、そんな素敵な未来。

イグジステンズ
いつも無印良品をご愛用いただきましてありがとうございます。

この度はご連絡ありがとうございます。
ご指摘を賜りました弊社ホームページの表示につきましては、
早急に修正するよう手配をさせていただきました。

今後同様のミスでお客様へご迷惑をお掛けすることのなきよう
WEB画面の管理を徹底して参ります。
この度はご指摘を賜りまして誠にありがとうございました。

これからもよりよい商品の販売に努力して参りますので、
今後とも無印良品をご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

敬具

株式会社 良品計画
  お客様室

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「すげえ、お客様ひとりもいないっ」

 どんなにヒマなときでも、そんなことはないくらいには繁盛している店なので、晴天なのに本当にお客様がひとりもいない売り場に、なんだか嬉しい感じさえしてしまったものでした……あの、サッカーワールドカップのときほどではなかったですが、やっぱり今回も日曜だというのに駐車場に空きができていて、試合終了とともに大賑わいだった、野球。

 私はめっつり仕事中だったのですが、あの試合中の日本国内の静けさは、なんだかみんながひとつのものを見つめているという瞳がキラキラしてしまいそうな素敵な空気を生み出します。個人的には、個vs個の闘いでないと熱くなれない嗜好なので、球技もサッカーや野球よりも、ウィンブルドンを明け方観たりする派なのですが、熱狂しているみんなの裏側でしみじみと「老若男女がんばれニッポン叫んでいるって平和だなあ」などと味わうぶんには、団体競技も良いものです。

 今回の、王ジャパン世界制覇で国内に生じる経済効果は364億円と試算されたとか。野球ゲームが売れるとか、そういうわかりやすい例えがよく出されますが、その日曜日、にこにこした人たちを接客していたレジャー用品売り場担当者の実感は、もっと笑えるほどにわかりやすかった。

 子供用グローブが、バカ売れ。

 みんなわかりやすすぎ。試合観て、昂奮しながら幼い息子にグローブ買い与えるために車走らせてきたんですよ。ていうか、私、その日、いっぱい怒られましたもん。んなこといったって普段週に一個売れればいいような商品群なのに、いくら王さんが決勝進出したからといって発注飛ばしませんよ……でも飛ばしておくべきだったのです。それくらいに世の息子を持つお父さんたちは単純だったのでした。

 小説書きとしても、深く考えた。なんだかんだ言ってもさ、結局のところ、きちんと世の中を見て、売るべきもの作ったり売ったりできているかってことに尽きるんだ。野球に興味ないからって、王ジャパンが世界を獲ったという日に、自転車売ろうとPOPなど作っているのは愚行だ。そのPOPがどんなに良くできていてお客様を感動させ自転車のりたいわあ、と思わせるものであっても「いや勝っちゃったな、勝っちゃったぜ、よしキャッチボールするか息子よ!」なんてテンションのみなさんには、アピールのしようもないわけで。いっそ「野球をみにいこう!」なんてPOPをつけてレジャーシートだの水筒だの売るべきだったと真面目に後悔した。あの日なら、むりやりにでも野球に絡めることができるもの、ぜんぶ売れたのに。陳腐でいいんだよ。「はは」とお客さんが思わず笑ってしまうほど陳腐でも。それでも、その笑いが気持ちよければ、それは売れるんだから。いまだれに向かってなにを書くべきだろうと、あの日の私は野球ではなく小説のことばかり考えていました。

 はやりすたりの流れは強大にして絶対的だ。
 アルケミストの看板娘びんちょうタンのアニメ化を観ているが、ストーリーもへったくれもなく、とにかく萌えキャラびんちょうたん人気出ちゃったからワンクールのアニメにするか、という。一昔前なら、絶対にアニメ化などできないたぐいのものが、近頃簡単にそうなる。このあいだのクールのあかほりさとる『かしまし』も非常によいデキだった。
かしまし
 BLこそが恋を語ることのできる手法ならば、娘三人の三角関係はもっと語れる。という図式が本当に真実なのだと証明していた。びんちょうタンもかしましも、萌え美少女という記号があれば作品は成立し、いっそそこに不純物である男性キャラさえいらないという潔い決断を下し、成功している。直球ならもっとまっすぐでもっと速いほうがいい。

 ここ数年、愛用しているメガネがある。
 少数精鋭でメガネを作っている某メガネブランドのモノなのだけれど、そこの職人さんも、笑えるほど陳腐に、でも嬉しくなるほどに気持ちの良い球を投げてくれる。

 たとえば、竹のメガネとか(という時点でどこのブランドかわかるヒトも多いだろう)。
 フレーム天然の竹なんだよ?
 もちろん値段は高い。カッコ良くはあるんだけれど、どういう人がどこでかけられるんだよと思うメガネで、きっとそんなに売れてはいないと思うのだけれど、まあ洋服でもファッションショーに発表される「ぜったい着れねえ」というような作品がブランドの顔になったりするもので。そのメガネ屋さんの伝えたいことは、その竹のメガネシリーズを見ているとよくわかるのだった。

 天然竹だけれど、実用的な壊れにくさ。
 でも見た目には、あくまで素材を生かすこと。
 シンプルに、カッコ良く。

 というわけで、そのメガネ屋さんの作る、プラスチックのセル(耳にかける部分)と、ざっくり切り出したみたいな銀色のチタンフレームのシリーズが、とても好き。もともとは、デザインがああ良いなあと思って買ったら、私の骨格が標準的なせいなのか、それとも職人さんの腕なのか、ものすごくかけ心地が良かったのです。服でもそうですけれど、とくに、ネットで見つけたフレームを買ったりする場合、このメーカーのこのサイズはぴったりくる、とわかっていれば、もうその時点でとても買いやすい。少なくとも衝動買いしたところで「ぜんぜん体に合わないよ二度と着けない」なんてことにはならないわけですから。

 ならないわけだと、自然とそのメーカーさんの名前に敏感になり、さがしてしまうのでますます衝動買いしてしまう商品に出逢いやすくなる、と。しかもどこの店でも見つけたときにはまず在庫は一個か二個しかない。うわこれいいのに、いま買わないと身に着けずに終わるかも、なんて思うと手がのびてしまうわけです。

 というわけで、かけないメガネを買う、と。
 ネットで服を買うのとメガネを買うのとでは、大きく違う点がある。
 伊達(だて)で使うのでない限り、メガネには、レンズを入れなければならない。

 ぶっちゃけ、このレンズというヤツがまた非常に高い。メガネもコンタクトも用がないという人にはまるで見当のつかないことだと思うけれど、一般的にその辺りのスーパーにテナントとして入っているメガネ屋でメガネを買うと、フレームよりもレンズのほうが高くつく。

 私はメガネのレンズには言わなければわからないくらいの色を入れている。バイクのヘルメットを選んだことのある人ならわかると思うが、場末のホームセンターで売っているような五千円くらいのヘルメットのシールドは透明なアクリルだけれど、仮面ライダーに出てくる登場人物たちがかぶっているような数万円を超えるようなヘルメットになると、標準で装着されているシールドはライトスモークというような色つきになる。言われなければわからないくらいの色で、夜走ってもなんの問題もないくらいの色なんだけれど、その薄い色ひとつで、まぶしさや目の疲れ具合というのは、まるで違う。メガネも同じ。そういう色レンズを使い慣れていると、裸眼で外を歩くだけで「う、まぶしくて目が痛い……」ということになる。パソコンのモニタとか、てきめんにキツい。

 しかし、バイクのヘルメット用のシールドは、うっすら色がついていようが無色だろうが真っ黒だろうが値段は変わらないのに(まさに先週、妻に「持っといて」とヘルメットを渡したらマフラーを直した拍子に手をすべらせ落とされてシールドがアスファルトでギザギザになってバイクセブンに行ってきた。ほんとバイクセブンが近所にあるのは助かる。なんでバイク用品の通販って送料が無法に高いんだろう)、メガネのレンズに、うっすら色をつけようと思うと値段が跳ね上がる。私は遺伝性の進行性乱視だったので、二十代も半ばまで、毎年のように乱視が進行していた。そのために、メガネを何本も持つというのは、許されない贅沢だった。

 メガネは大好きなのに、毎年レンズを入れ替えなければならないから衝動買いしたりできない。コンタクトで伊達をすればいいじゃないかと言われたこともあるのだが、それは違うよ、違うのだ。道具は使ってこその道具で、少年は口がきけないから自分の鎖骨に電光掲示板を埋め込んだ、というようなキャラが私は描きたいのである。見た目にカッコイイから使いもしない電光掲示板を身に移植する彼を私は愛せない。そういう反動が、やっと進行性乱視の止まったころから、私にメガネを買わせるようになったのだった。

 で、また買ってしまったのだが、いま愛用しているフレームがとても気に入っているので、普段使いのメガネはもういいや、これには夏に向けてUVカットの色レンズを入れよう、とネットをさまよっていたのでした。接客業でも平気なくらいにうっすら色を入れるのとは違い、サングラスを作るならばかえって店はいっぱいあるし値段も下がってくる。にしても──

「安いなこれは」

 無印良品のメガネ。世界のMUJIのメガネ。にしても、このサイトはなんだリンク切れてるし、表記はいい加減だし。えいくそメール送ってやる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

http://www.muji.net/sitemap/
のページにある「めがね」へのリンク。
urlの[glass]の綴りが[grass]となっているためにリンク切れを起こしています。
また、
http://www.muji.net/feedback/contents/glass_glass01.html
のページでは店舗が表示されていません。

細やかさを期待する商品の紹介ページなので、こういうミスはどうかと思います。修正を希望。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 さすが世界のMUJI。送った直後に冒頭のメールが返信されてきて、翌日にはそれらの不具合はなおっていた。にしても、私もよく手書きPOPとか作るのでわかるんだが、お客様ってみんなはっきりした記載ミスなんかに、気づいていても言ってはくれないもので。そういうの教えてくれると私はとても嬉しいので、MUJIさんにも教えてあげた。ということで、いま無印良品のメガネのページにちゃんとたどり着くのは私のおかげです(笑)。
 (しかし、英語の綴りが間違っているミスを指摘されるのは恥ずかしい……私も先日、カーレーダーを選んでいるガイジンさんに「マスター、ノー」「はい?」「マスター、ユーノー」「ゆーの(世界の果てで?)」というような間の抜けた会話を一分ほど繰り返したあげく、指先確認されて私の書いた「カードも使えます」POPの「mastercard」が「mustercard」になっているのに気づいたのでした。日本語も話せないのに、わざわざ教えてくれたことに本当に感謝したし、本当に恥ずかしかった)

 で、無印良品のメガネ。
 レンズだけでも買えます。ということで買いに行く。やっぱり度入りの色レンズは数日頂きますということだったのだけれど(ちなみに無印のUVカットレンズは8色。グレー4色、ブラウン4色。私のセレクトはグレーの下から二番目。透けて目の見えない濃さのサングラスというのは嫌いなのです。言葉よりも瞳で語るタチなので)、にしたってぜんぜん問題ない薄さで、きっちりUVカットで、両目合わせて6000円。片目で3000円。安い……私の乱視が進行しまくっていたころに、どうして無印良品はメガネを売っていてくれなかったのだろうと恨めしく思うほどだ。できあがってから一週間ほど経ち、何度かかけて外出しているが、フィッティングも上々だし、いいですよ無印良品のメガネ。色つきだと球面レンズになってしまうので乱視はともかく近視がきついと厳しいかもしれませんが、色なしだと一番安いのでも非球面(歪みがないということ)。さすが安くても、品質はしっかりしてる。メイドイン、タイ。問題なし。

 ただ、店舗に行って(梅田ロフト店)並べられているフレームも見た限りでは、やはりそのチャチさは私の好みに合わなかった。なんていうかコスプレでメガネっ娘を演じるためのメガネみたいなのがいっぱいならんでいて、レンズ込みで一万円のフレームとハンドメイドのフレームのみ数万円の品では比べるべくもないが、いつも私が五千円くらいのヘルメットを売っていて思う「近所を走るならともかく、高速のったりするんなら、ちゃんとお金出していいの買ったほうが良いよ」というのと同じ感じをおぼえた。決してそれがオリジナルではなく、なにかを模して安く作った品、という雰囲気が拭いきれない。ポップでキュートではあるが、身につける道具として愛情を注ぐ対象には、ちょっとならない感じ。逆に、使い捨てることこそ道具だと考える向きには紛れもないお買い得品だと思うが。

 レンズを入れてもらうためには、これからたびたび訪れることになりそう。
 無印良品のメガネ。
 梅田ロフト店の職人さんは、無愛想で無印良品の店員には珍しいタイプだったのが、いろいろなところから人を連れてきてなんとか軌道に乗せようとしている商品なんだなあ、という感じがしておもしろかった。フィッティングしてくれたにこやかなお兄さんが、職人のおじさまのつっけんどんな物言いに「無理だってわかってますけど笑って接客してくださいよお」というようなことを言いたくて仕方なさそうなオーラを発散させていて、でもおじさまのほうは自分がいなければ無印良品のメガネは売れないことがわかっているので自信満々に自分のスタイルを貫いていて。店員の個性が見える程度の接客マニュアルがいい。彼らが笑うときは、本当に客に接するのが楽しくて笑っているのだとわかる。
 陳腐なほど愚直に。
 みんな仲良く、良いメガネ売ってください。
 メガネ、好き。
 無印良品、好き。
 裏表のない直球をぶつけてくる人が好き。
 色柄ものが嫌い。
 なにより向こうから寄ってきて話しかけてくる店員は死ぬほど嫌いだし、私自身、そういう店員には絶対にならないと心に決めている。
 そばに立っていても気にならないオーラの人が好き。
 話しかけたら優しい笑顔を見せてくれる人が好き。
 でもやっぱり通販が好き。
 人間嫌いなわけじゃないんだが。