最近の記事

スポンサードリンク

月別アーカイブ

「手紙ィ?」
「あぁ……国際電話なんていくらかかるか怖いし
それしかねーよなやっぱ……」
「確か留学って1年だったよな
そんなんでお前ガマンできるわけ?」
「だ…だって仕方ねーじゃんよ
他に方法無いんだし!!」


 瀬尾公治 『涼風』

suzuka

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 カリフォルニアで開催された『THE GAME DEVELOPERS CONFERENCE 2006』──GDC は、コンピューター、コンソール、モバイル、ゲームセンター、オンラインゲームや様々なエンターテイメントのゲーム開発者のための公式イベント。

 このイベントのなかの、『GDC Expo』では、第一線の技術者たちが、ゲームの新たな可能性を探るデバイスを出展している。近年の傾向として、指先に直接つけてカーソルを操作できるグローブ型マウスや、それにさらに触覚のフィードバックを与えたもの、ヘルメット型のモニターなど、近未来SFアクション映画の主人公が身につけていそうなウェアラブル(身体装着型)デバイスが目白押しで、ゲームファンのみならず、SF好きにも要チェックなイベントとなっているのですけれど。

 今年はなかでも、あまりにもバカバカしく、しかしもっとも世界中で取り上げられるだろうデバイスが出展されていたので、私も紹介する。

 IGDA(International Game Developers Association,国際ゲーム開発者協会)所属「Sex in Games SIG」(SIG:Special Interest Group,研究会)員、カイル・マチュリスが、自身のサイトでもこの作品を紹介している。
 それが、これ。

 『SeXbox』

 あまり下ネタをここにアップしたくはないのだが「生活のすべてにつながっていく」というXboxと360というマシンの、真髄がここに見えるので紹介せずにはいられなかった。実際のところ、写真から判断するにこれは、Xboxのコントローラーで大人のおもちゃが操作できるというだけのものである。けれどここには、二十世紀科学文明の象徴である電球を金色に塗っただけのものを美術館に展示したジャスパー・ジョーンズや、毎日の生活の象徴であるキャンベルのスープ缶をただ描いたものを「アートだ」と言いきったアンディ・ウォーホルの作品を見たときと同じような「なんだそれ?」……でも。がある。

 以前にもここで書いたが、次世代ゲーム機の筆頭であるXboxの、もっともこれまでのゲーム機と違うところといえば、映像と音声のチャットが世界中と自由にできるということであり、隣町の恋人と電話をするよりも安い通信費で、地球の裏側の彼とリアルタイム動画つきのテレホンセックスが無制限に楽しめる、という使い方が、もっとも適切な使用法だ。バカバカしいかもしれないが、そこにXboxのコントローラーで操作できる大人のおもちゃというデバイスが加わることにより、たとえば冒頭引用のラヴコメ『涼風』のような状況で、救われる恋人たちもいるだろう(少年マガジンでSeXboxが描けるとは思わないが(笑))。

 私も、日課のように世界中の人々とゲームをしている。
 世界中に知り合いであり友達ができ、実際に、それが縁で結婚したりする人たちも出てきた。世界はつながっている──それが当たり前になると、私たちは、自然に疑問に思うのだ──毎日逢っている、このひとに、もしかしたら私は一生触れることはないし、顔を見ることさえないんだろうか。なんだか、ちょっと怖い感覚でさえある。

 触れあうこと、という定義の新しいカタチをSeXboxは考えさせる。
 むろん、金色に塗った電球を見て、「け」と鼻で笑うのも、未来の恋人たちについて夢想するのも観客の自由なのであって、そういう意味では、バカバカしいが、じっと見てしまうなにかのある作品でした。ブラボー、カイル・マチュリス。
 次回は、さらに発展させて出展してくれるんだろうな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 追記。
 ↑この『徒然』を書いて数時間後、即座にKyle Machulis氏の公式サイトに「YoshiNogi Coverage - Japanese Link」という逆リンクが貼られていた──うわああ、ガイジンさんがいっぱいやってきているよ──(ログに国名チェコなんて残っているのはじめて見た。しかしあの辺り日系企業多いからな。もしかすると単身赴任中の日本人パパかもしれない。SEXという単語を検索して『とかげの月』にたどり着く孤独なチェコの日本人……泣ける)──無断でリンクしたにもかかわらず、日本ゲーム報道界の大御所『4gamer.net』さんと並べられて。あちらは「Coverage」と呼ぶにふさわしい報道サイトさんですが、うちは……いまのところSeXboxに興味を示した日本で唯一の個人サイトとして晒されている状態の『とかげの月』です。ていうか、こちらから貼ったのトラックバックではなかったんだが……一日中パソコンの前にいて、ログ解析から自分のサイトにリンクを貼った人間を世界中捜しまわっているのだろうか……さすがバカバカしいものを本当に作ってしまう天才の行動はひと味違うね(カイル・マチュリス氏が日本語を読めず有能な翻訳ソフトも有していないことを祈りつつ……)。リンクありがとうございました。すでに開発から一年も経っているんですねSeXbox。バージョン2の完成を本気で楽しみにしていますよ。ぜひXboxLiveを使って世界の裏側から遠隔操作できるように進化させてくれ。

Mr.Kyle Machulis, can use SeXbox with XboxLive.
It is my sincere dream.
You are aiming at the very beautiful future.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 で、私が↑この英語コメントを書いたさらに数時間後、オクラホマの彼が自身のブログで再度『とかげの月/徒然』にリンクを貼ってくださったため、いま現在この『徒然』は英語圏の皆さんに占拠されています。かつてない賛辞ですって? いや実際、笑ったよあなたの発明には。遊び心に満ちた甘美な未来こそ、私の夢見るものです。日本の皆さん、彼は日本語の家庭教師をさがしているそうなので金額を提示するといいよ。

I am glad to connect with you now.
Moreover, let's meet in the delicious future that you draw some time.
Thank you.
 『0x80040017』のこと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 という『徒然』に、たどり着いてくださった方が『伝言』へ書き込んでくださった情報を、こっちにも載せておきます。
 『伝言』はググっても引っかからないしね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1. セーフモードで起動し、Windowsのインストールされたドライブを右クリック、ツールタブ - エラーチェックで「ファイル システム・・・」と「不良セクタ・・・」にチェックを入れて[開始]。

2. PCを再起動するとチェックディスクが走るので、しばし放置。

3. 起動後、アクティベーションを促されるので素直にアクティベート。

*OSはXP SP2(MCE2005)です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 この操作は、要はハードディスクのどうにもダメな部分を「もう使わない」ことにしようとパソコンと話し合うという作業です。これで回復するケースもあるということですね。私の場合は、不良セクタをチェックしてもチェックしても端から崩壊してゆき、結局は再起不能の状態になりました。ちょっとした傷は唾つけとけば治るが、治らない傷もあるという当たり前のことです。

 しかしさあ、マイクロソフトだろうがどこぞのソフトウェアメーカーだろうが、パソコンにトラブルが発生したとき表示されるエラーメッセージを番号で表示しておいて、でもその番号をググってもなんにも出てこないというのは、やはり問題だと思うのです。実際、今日も今日とてグーグルに『0x80040017』を検索させても、出てくる日本語ページは『とかげの月・徒然』のみ。じゃあそのエラー番号ってだれのためにどうして表示するものなわけ? ていうか原因がわからなくても「ディスクの調子が悪いみたいです」とせめて表示するべきじゃない? そのへんの激安ラジカセだって、調子が悪くなったら液晶に「E4」とか表示して、説明書を見たら「エラーの四番はメーカーに修理依頼をしてください」と書いてある。それでいいんだよ。それが最低限のサービスでしょう。液晶に『0x80040017』とか表示されたって、修理に出せばいいのか、それとも自分でどうにかできるものなのかわからないから、だから私は結局再起不能になったハードディスクを何日も治療しようと試みたんだ。

 パソコンはまだまだ不完全な機械だと言うけれど。
 調べようがない謎の情報を表示する機能って、完全とか不完全とかいうことよりも、どこかのだれかの手抜きな気がして仕方ない。どこかのなにかの職人さんなら、このエラーメッセージを見て「ああそういうことね」とわかるのだとしたら。『0x80040017』をググっても私の役に立たない駄文しか表示されないこの状況を、どうにかしないのは怠慢だと思う。

 だれかしらないが、そのへんちゃんとすべき人。
 ちゃんとしてください。
 あったかくなってきたなあ……ということで、某量販店のカー・レジャー売り場担当者である私は喜び勇んで売り場を変えて、バーベキューはもちろん、ボンボンベッドやフライング気味にビーチボールや浮き輪まで並べてみたのですが、並べてみたら寒さが戻ってきて「解氷剤は?」「タイヤチェーンは?」って感じで……んなもんとっくに返品してるよ「これから北に行くねん、オートバックス行ってもチェーンなかってん。兄ちゃんなんとかしてや」と常連さんが詰め寄るのだが、詰め寄られている私はサイドネットにプーさん柄の日除けを吊しているのだった。

 で、家に帰ると、現在三本の原稿を並行して書いていて。
 そんなこんなで忙しくてサイトの更新なんて後回しの後回しだったのに。

「なんで最近こんな急にアクセス数が増えたのだろう……」

 いぶかしく思えるほどだったので、原因究明のためにログ解析を詳しくやっていた。
 で、原因発見。

 これ、だ。

 言わずと知れた3D格闘ゲームの元祖にして草分け、セガの『バーチャファイター』シリーズ最新作『バーチャファイター5』である。長年の沈黙を破り、新作お披露目の公式サイトがオープンした。各地でロケテストもはじまる。ゲーム雑誌にも『バーチャファイター5』の文字が躍る。セガっこたちがググる。

 いま現在、ものが現れていないため『バーチャ5』について語るファンサイトなどは存在しない。この状況では、ググっても「5っていつ出るんだろうなあ……それともバーチャはドリームキャストとともに死んで、いずれセガサミーのパチンコ台として蘇る運命なのかなあ」などという絶望感に満ちたコメントが引っかかってくるだけだと思われる。

 思われるのだが、ググってみるとまだ情報らしい情報もない『バーチャ5』公式サイトがトップに現れ、そして二番目にはどこかの馬の骨が書いているブログが引っかかってくる。

『とかげの月』/徒然: 『バーチャファイター5』の話。

 ──なんとこの『とかげの月』というサイト、ほぼ一年前の昨年3月末の段階で堂々と『バーチャファイター5』の話とタイトルつけてくっちゃべっているのである(笑)。すべてはこいつのせいだった。おそらく数週間後には、本格的に始動し始めるまっとうなファンサイトさんたちに飲み込まれていくだろうが、いま現在、我が『徒然』は、実に多くのゲームファンとセガっこたちに読まれているわけである。

 恥ずかしい……

 そして申し訳ない……

 内容は読んでもらえばわかるとおり、Xbox360のローンチタイトルとして『バーチャ5』が来るらしい? という根も葉もない噂(とはいえ、この時点でセガがバーチャ5を開発中だったことは本当だったのであって、時期的に情報源が「360でか?」と予測したことは自然な成り行きであった。でもセガはサミーになってもセガのまま。コンシューマ機なんてもってのほか。バーチャといえばゲームセンター。バーチャはゲーセンからコンシューマに移植されるものなのである。しっかし、うちの近所には、最後の一軒が撤退を果たしたいま、ゲーセンなんてもの自体がなくなってしまったので、ゲーセンにバーチャがやってきてももはやゲーセンには還りようがない)について。

 Xbox360発売から三ヶ月ほどが経ちました。

 この春発売とされていたPS3が年末発売に延期するとか本体価格は十万近くなるだろうとかいうなか、ちゃくちゃくと世界で売れるが日本で売れない360。海外のファンも多いので『バーチャ5』は360に来る可能性もなくはないと思うのですが……まああとは、ソニーとマイクロソフトのどちらが「セガっこはうちで受け持つ」とドリームキャストの後継機になる覚悟をしめすかでしょう。いまのところ、360はまっしぐらにそちらに向かって走っていっています。
 今月のおすすめはこれ!

sega

 これはすでに発売中。

sega

 来月は。

sega

 プロレス女子レスラー美青年美少年おかまキャラ愛と正義と涙と暴力と裸よりもエロいコスプレ。
 日本市場がわかってきたじゃないかビルおじさん。
 そういう雰囲気って大事。
 実は本格派も唸らせる腕を持っているが、サービス精神は忘れない。
 観客を笑わすことのできる実力派レスラーとか。
 変なカツラかぶってDr.レオンを名乗りはじめたヒロ・サカイとか(笑・フジのセロに対し、本気で日テレが無名の実力派を海外から連れてきたのかと思って観たのに……元全日本プロレス福沢明の実況もあいまって、全員が正体を知っている謎の実力派覆面レスラーみたいでした「ムシキング・テリーの動きはすごいですね! あんな蹴りを魅せる選手はそうそういませんよっ!」……いねえよなあ、二人といないよ。微妙に「ムシキング・テリー選手欠場のお知らせ」と「鈴木鼓太郎選手負傷と手術のご報告」を四日ずらして掲載したところに、NOAHの苦悩が見て取れる。ヒーローの正体については考えないで大きくなれ、ちびっ子たち。)

 2007年にピーター・ジャクソン監督とアレックス・ガーランド脚本で公開が決定しているXboxの代名詞『Halo』の新展開も近日公開のニュースが流れている。『Halo』は7月にマーベルが大御所アメコミ作家を多数使って『Halo グラフィックノベル』なるコミック化することも決まったそうで。マスターチーフは本当に21世紀のスーパーマンでありスパイダーマンになる勢いだ。

(あえて深くは語らないが、もう一つのXboxの代名詞『DOA』の映画化もケインコスギ主演で順調に進んでいる。こんなふうに

 というように、ゲーム機として優秀なマシンであることはもちろんだけれど、三ヶ月あまり使ってみて、体感的にXboxから360に変わって強く思うのは他のこと。

 我が家ではもともと初代Xboxがリビング用音楽再生機として活躍していたのですが、これが360に進化して、おそらく世界でもっとも恩恵を受けているひとりが私の妻です。ハードディスクに数百枚のアルバムを記憶させ、ボタン一つで再生できるXboxの機能は、ちょっとした時間にも音楽をそばに置いておきたい彼女のような嗜好の人にはもってこいのものだったのですが、ただそのマシンを使うことで彼女は週に何度も私の、

「コントローラーのコードをきちんとしまっておけよ」

 という小言を聞かされるという弊害も被っていたわけで。ダメなんですよ私、リモコンとかもその辺りに放ってあったりするの我慢ならなくて。友達が来てうちの冷蔵庫を見て驚愕するように、料理をしないからではなく、毎日料理をするからこそ使わないものは存在しない整理整頓によって「冷蔵庫にあるものでごはん」というのがありえないところまであるべきものがあるところにあってあるべきでないものはあってはならない状態になっていないとイライラする人なんですね、私(笑)。

 で、360のコントローラーはワイヤレス。それどころか家電のようにリモコンでも操作できる(ちなみに家電のリモコンにありがちな「まっすぐ照射しないと操作できない」ものではなく、あいだに障害物があっても反対方向に向けて操作しても大丈夫な電波式。すばらしい)。おまけにXboxではディスクトレイにゲームが入っていると、どうやっても勝手にゲームを起動させてしまっていたのが、360ではディスクがトレイに入っていてもゲームをキャンセルして音楽を聴いたりできる画面に移行可能(しかも、ゲームをするときには轟音の空冷ファンも、ゲームしないんならってことで静かになってくれるのです。すばらしい)。

 Xboxのときもそうでしたが、日本語に少し弱いところがあるのが不満ではある。一青窈や倖田來未の名前は入力できません。ぜひ、ファイル管理をパソから操作できるようにしていただきたい。私も愛用している東芝のRDシリーズがついに360とも連携するらしいが、そんなに仲良しならばRDのパソからファイル管理できるノウハウを是非ともマイクロソフトに教えてやって欲しい……HD陣営として一蓮托生の身なのだから、助け合って最強のデジタル家電を作って欲しいものだ。なにせ対抗するブルーレイディスク陣営の主導を握っているのは、プレイステーションでおなじみソニー。世界的にDVDの次はBD(なぜだかしらないが、Blu-Ray Discの略称はBRDではなくBDであるらしい)だということになってしまっては、世界で一番困るのはマイクロソフト。打倒ソニーを大声でがなり立てながら(日本ではともかく)実際に世界中でPSのシェアを奪っているXboxに、世界がひっくり返ってもソニー印のBDは搭載できない。東芝とマイクロソフトはHDを普及させるために身を切ってでも尽力するしかないのである。まあ私は360ユーザーであり続けるし、一度RDシリーズを使ったら「リモコンで映画のタイトルなんて入力していられるかっ。HDDレコーダーで録画したアニメをLAN接続したパソコンで観られないってなに?」というアンチソニー派なので、普及しようがしまいが関係ないんですが。ていうかどうせPS3も買うのだから、ゲーマーにとっちゃほんとどうでもいい争いです。

 むろん、360はゲームしながら好きな音楽を聴くことも可能。この機能は初代Xboxのときにもあったのだけれど、使用できるソフトがきわめて限られていた。それが360ではほとんど標準装備の状態。大塚愛の脳天気な歌声の下で虐殺が行われていたり、高橋洋子に吠えさせながらまったりパズルゲームとか。昨日、徳永英明のバラードアルバムを聴きながら『パーフェクトダーク・ゼロ』をやっていたら、画面の向こうで英語で私を罵っているだれかのことまで抱きしめたくなった。自分がなにを聴きながらゲームしているかはネット対戦している相手にはわからないため、なんだか妙にしんみりしていたり意味不明にわめいたりしているのが、ほんとにおかしな人なのか、向こうでかかっている曲によるものなのかわからないのがまた楽しい。

 さて。欲しくなってきましたか。360。いっとけ。
 本当にこの機能でこの価格は絶対買っておかなければ損だよ。
 先週衝動買いした眼鏡のフレームのほうが高かったもんなあ。
 比べるものじゃないけれどさ。
 Xbox360はあなたの生活を変えます。

 『バーチャ5』も、きっと来るさ。
 ググってやってきた皆さんも、360。
 行動が結果を生むのです。
 インプットなくしてアウトプットなし。
 データに実体はない。
 未来は可変だ。

(それにしても『バーチャ5』のラウおじさまは前作までのうさんくささが消えて、妙にカッコ良くないですか? ずっとウルフ使いだったのだけれど浮気してみたくなるなあ。白銀の髪なびかせて闘ってみたい)